遺産を相続できるのは誰か?

♦ 相続人となるには被相続人との関係が重要

 相続とは、亡くなった人が所有していた財産を引き継ぐことをいいます。誰が相続人となるかは民法でしっかり
決まっています。
 相続では、亡くなった人を「被相続人」、財産を受け取る人を「法定相続人(または相続人)」といいます。

 法定相続人になれるのは、被相続人の配偶者のほか、子ども(直系卑属)、父母(直系尊属)、兄弟姉妹(傍系
血族)です。

 ただし、すべての血縁関係者が相続人になれるわけではなく、優先順位もしっかり決められています。被相続人
の配偶者は順位に関係なく、どんな場合でも相続人になります。それ以外は、第1順位が子ども(直系卑属)、第2
順位が父母(直系尊属)、第3位が兄弟姉妹(傍系血族)になり、上位の相続人がいる場合は、下位の人は相続人
にはなれません。
 ちなみに、被相続人に配偶者も特別縁故者もなく、遺言もない場合、財産は国庫に入ります。

♦ 押さえておくポイント

●被相続人の配偶者は、常に相続人

●子、父母、兄弟姉妹の順番で相続人に

♦被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本が重要

 「相続人」というと、遺産を相続する人はもちろん、最終的に遺産を放棄などして相続しない人まで含む幅広い意味が
あります。相続では、相続人が誰かをきちんと確定しないと遺産分割を行うことができないため、法律で遺産を受け取る
可能性のある人を法定相続人と定めています。万が一、あとで被相続人に養子や隠し子などの法定相続人の存在が発
覚することのないように、法定相続人を確定しておきましょう。
 そのためには被相続人が亡くなったら、早めに被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を取得して確認しておいたほ
うが賢明です。
 また、法定相続人以外の人に遺産を残したい場合、その人を受遺者とする遺言が必要となります。

次回は遺産の相続割合の決定方法についてお話します。