相続放棄ってなに?

負債があるなら検討したい相続放棄と限定承認

もしもプラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合、相続放棄と限定承認という方法があります。

相続放棄とは、文字通り一切の相続を放棄すること。放棄すると相続人でなかったことになり、その子や孫などが代襲相続することもできなくなります。これはマイナスの財産しかないことがはっきりしている場合に有効です。

一方、限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐことを前提にする方法です。マイナスの財産が多かった場合は超過分を支払う必要がないので、負債がどのくらいあるかわからない時に有効です。しかし、限定承認は相続人全員が合意して共同で行う必要があります。

この相続放棄と限定承認は、相続があることを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きをしなければなりません。
期限を過ぎてしまうと、無条件に相続することになるので気をつけましょう。

まとめ

■相続の権利を破棄する相続放棄

■負債額がわからない場合は限定承認を

相続開始から3ヶ月以内の手続きが大切

相続税の申告期限は「その相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内」と定められています。相続の開始があったことを知った日とは、通常、「被相続人が死亡した日」です。

一方、相続放棄や限定承認は、相続開始=被相続人が死亡した日から3ヶ月以内に行うことが定められています。ただし、相続放棄は「相当の理由」があれば期限が切れた後でも行うことができるという考え方があります。それは、例えば生き別れた親の死亡を知らされずに3ヶ月が過ぎた場合などで、裁判所の判断により「相当の理由」が認められることが必要です。

とはいえ、こういったケースは稀なので、くれぐれも3ヶ月の期限は守りましょう。