家や土地の価格はどこで調べるの?

故人所有の建物や土地の調べ方

1.固定資産納税通知書を探す
役所の資産税課などから、毎年郵送されてくる固定資産納税通知書には、その役所管内で故人が所有している不動産のほとんどが記載されている

2.不動産の権利証登記資料を見つける
重要書類なので、金庫などに大切に保管されている場合がほとんどです。

3.名寄帳を取得する
名寄帳とは、所有者ごとの不動産を一覧表にまとめたもの。故人が所有する不動産があると考えられる市区町村役所の資産税課に、相続人が必要書類を提出すれば取得できる

まずは所有の建物や土地を探すのが肝心

被相続人が所有していた家や土地を調べるために、一括して調査できる機関は残念ながらありません。各市町村の役場では固定資産税を徴収するため、所有者ごとに不動産をまとめた一覧表=名寄帳があります。

しかし、担当エリア分のみなので、個人が所有していたと考えられるエリアの役場ごとに申請しないと取得できません。

そのためにも上記を参考に、自宅に不動産の権利証や登記資料などがないか探すことが重要です。

不動産の建物価値は、基準年度の固定資産税評価額がそのまま評価額となります。

土地については、国税庁によって定められている路線価がある地域では路線価方式、路線価がない地域では倍率方式で計算し、評価します。

ただし、土地の形状や賃貸中の不動産などの場合、実際の計算は複雑になるため、専門家に相談するのがおすすめです。

土地の評価額=税額を下げる方法もあります

相続税で節税対策するなら、土地の評価を下げることが効果的です。家屋の評価額は固定資産税の評価額になるため、あまり高くなりませんが、土地は立地条件などによっては高額な評価になることがあるからです。

土地は路線価等を基準に評価していきますが、二路線上に道路に接していれば価格が高くなります。反対に、減額要素としては、土地の形状がいびつ、間口が狭い、崖地、道路の中心から2m後退して建物を建てないといけないセットバックなどがあり、土地の状況によって評価額を下げることができます。税理士であっても土地の評価は難しい項目ですが、逆にどれだけ評価額を下げることができるかといった腕の見せ所でもあります。