会社にかかる税金の種類を教えてください

節税を行ううえで、そもそも会社には、どのような税金がかかるかを知っておくことが重要です。

まずは、代表的な税金は法人税で、原則として所得の23.20%がかかることを知っておきましょう。ただし、資本金が1億円以下の小規模事業者については、所得のうち800万円以下の部分については、15%の税率、800万円を超える部分については23.20%の税率と2段階になっています。

たとえば、資本金1億円以下の会社で所得が1,500万円出た場合の法人税は以下のとおりです。
800万円×15%=120万円
(1,500万円–800万円)×23.20%=162.4万円
120万円+162.4万円=282.4万円の法人税となります。

さらに会社には地方税といわれる、法人住民税や法人事業税もかかります。特に会社の場合は赤字であっても法人住民税は必ず発生しますので注意が必要です。

また、赤字であってもかかる税金は消費税です。消費税については資本金の額や、課税売上の金額で納税義務の有無が変わります。

ほかにも会社が事業をしていくうえで、資産を取得した場合や保有した場合、契約を取り交わしただけでかかる税金もあります。

会社にかかる税金の代表例は以下のとおりですので、まずは会社が事業活動をしていくうえでどういう税金がかかるかを確認しておきましょう。

法人税会社の所得にかかる税金で、少なくとも年1回申告納付する必要がある
法人住民税地方公共団体が課税する税金で、赤字であっても課税される均等割りと、所得に応じて課税される法人税割部分がある。法人税と同じく年に1回は申告納付の必要がある
法人事業税黒字の場合は課税され、一定の率を乗じて課税される
地方法人特別税法人事業税の一部を分離して一定率を乗じて計算される
消費税原則として2期前の課税売上が1,000万円を超えたら課税される
印紙税契約書や領収書など一定の文書を作成される場合に課税される
所得税会社では、利子や配当金などに課税される
不動産取得税不動産を取得したときに課税される
固定資産税資産を保有していた場合に課税される
自動車税自動車を保有していた場合に課税される
登録免許税権利の登記をした場合などに課税される